院内写真

設備紹介:セレック3Dシステム

画像はクリックで拡大します

設備紹介
セレック3Dシステム
当院ではシロナ社製のセレック3D(CEREC)を導入し、患者様に時間的負担をかけない環境を整えています。
セレック3DとはCEramic REConstruction(セラミック修復)の略で、高性能の3Dを利用したCAD/CAMシステムによるセラミック歯を製作する機械です。
このシステムは歯の治療において、天然歯に限りなく近い審美的な色、質感を持つ新セラミックブロックを使用し、高精度3Dコンピューターでチェアサイドにて設計・加工します。
従来のように、患部の歯型を採り石膏模型から技工士に依頼といった手順の短縮が可能となり、白い歯が短い時間で従来よりも比較的安価にできるようになりました。
←動画で紹介中
高い美容意識にもお応えします
高い美容意識
「目立つ銀歯をどうにかしたい・・・」
「治療したいが銀歯は入れたくない・・・」
こうした美容意識の高い現代のニーズに応えるべくドイツで生まれたセレックは、世界中の歯科医が採用している先進のセラミック審美治療です。
その日のうちに白く輝く歯が入れられます
白く輝く歯
最短では数時間で輝く白い歯があなたの物になります。
※歯の状態によっては、1日ではできない場合があります。
※即日治療には事前のご相談とご予約が必要となります。
※これらの治療には保険は適用されません。
人工歯を作る装置“ミリングユニット”
ミリングユニット
待合室前にある機械が、人工歯を作る装置です。
精密に設計した人工歯を、ダイヤモンドを使ったバーで繊細に削りだしていきます。
待合室でお待ちいただくときに、ご自身の人工歯の制作過程がごらんいただけます。
治療のながれ
3Dカメラで撮影
1. 歯を削ったあと3Dカメラで撮影(スキャニング)
治療する歯の患部を削った後、従来の型採りをする際の不快感を味わうことなく、先進の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)するだけです。わずか数秒これだけの作業で患部の歯列が目の前のモニター上に再現されます。
※症例に応じて歯型を採ります。
次
PCを使って修復物の設計
2. PCを使って修復物の設計
モニター上であらゆる角度から、咬み合う部分の盛り上がりや形を微調整し理想的な形にしていきます。 設計後、用意してあるさまざまな色のセラミックブロックから、最も適した色のブロックを選びます。
次
修復物の加工・作成
3. 修復物の加工・作成
コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、チェアサイドでみるみるうちに精度に優れた修復物を加工・作製していきます。
次
口腔内への装着
4. 口腔内への装着
削り出されたセラミック歯を口腔内へセットします。これですべての治療が完了となります。
セレックQ&A
どんな症状でもセレック治療は可能ですか?
一般的な詰め物・被せ物といった治療はもちろんのこと、前歯のラミネートベニア治療も可能です。歯を削る量を抑えて審美的な仕上がりを得られます。むし歯の大きさや咬み合わせの関係など、お口の中の状態により適切な治療法を検討します。
全ての治療が通院1日で終わりますか?
虫歯の大きさ・歯ぐき・神経などの症状により、他の治療を優先して行う必要がある場合には、当日のセレック治療ができないことがあります。また、セレック治療が複雑で複数にわたる場合や、特殊な色付け加工が必要な場合には、多少の余裕をもって治療します。
なぜセラミックが良いのですか?
保険診療で使われるプラスチック素材による修復治療と比べて、着色・変色・摩耗といった心配がありません。金属修復治療と比べてもプラークがつきにくく、金属アレルギーの心配もありません。また、セレックで使用するセラミックは工場で規格生産していますので、気泡などが混入することもなく、全世界共通で常に品質が安定しています。
保険診療は可能ですか?
セレック治療は保険外治療となり、健康保険の適用はありません。